<< 三の沢の出会い** おいしい2層♪ >>
もはや「プチ」ではなく、超ブーム**大山・三の沢
b0197639_14533535.jpg
5月11日 
あの花にも その花にも あの風景にも会いたくて
新緑眩い大山・三の沢、最後の堰堤までのガレ沢歩き

蛍光色かっ! と言わんばかりの瑞々しい緑の葉を潤した木々
緑輝く通り道に迎えられました**

***




4月の半ばに 奥大山の象山~擬宝珠山を歩き 1か月経たずして再び大山へ。
去年 大山プチブームが来てる、って言ってたけど もはやプチではなく
ガッツリ大山ブーム?!
b0197639_15220316.jpg
この辺りは 大雨が降ると土砂が流れ出て よく通行止めになるからか、
なにやら工事中・・・
b0197639_15261200.jpg
去年歩いた時の登山道の入り口の記憶を頼りに 工事現場を横目に見ながら歩いてると
あれ? なんか様子が違うぞ・・・入り口が見つからない!
あれあれ?この辺じゃなかったっけ?と思われる場所には工事の車両や工事の人の車が停まっていて
切り倒された木も折り重なって 様子が変わっていた
道がわかり辛くてウロウロしていたら 見兼ねてか、休憩中だった工事現場の人が
一緒に登山道を捜してくださった(工事の方は現場の工事を請け負ってらっしゃるだけで
登山道の事はご存じないとのこと)
お陰さまで ほどなくして入り口が見つかり 無事入山!
↑「登山道」の看板は 帰りに設置してあったもの・・・・早く設置してょ~ん、
と、ココロは、いゃ ワタシの口は言っていた^^;
b0197639_15562329.jpg
結局 15分くらいウロウロ彷徨っていて 入り口が分からないわ しかもこの日は暑いわぁ
で、いきなり疲れたわぁぁぁ・・・
でもね、木陰の道に入ると森の木々は優しくて 落ち葉の中から幾つものフデリンドウが
可愛らしく淡いブルーの顔を見せてくれたのです
b0197639_16000384.jpg
この辺りの季節の進みは 私たちの所より少しテンポが遅いようで
花もまだ早春の顔ぶれが多く クロモジもバリバリの現役
b0197639_16021373.jpg
頭上から 目にも体にもやさしい緑が降り注ぐ
b0197639_16150391.jpg
ハウチワカエデの 赤い形の花が可愛らしい
b0197639_16171609.jpg
コチラは ウリハダカエデ?
b0197639_16190295.jpg
なんか いつもぶらぁ~んとぶら下がってるイメージだけど シャン!としてる
b0197639_16202195.jpg
いくつかの堰堤を ジグザグとガレ沢を渡りながら超えて あの南壁の下まで
b0197639_16221436.jpg
彫刻のような自然の造形美がダイナミックな大山南壁
b0197639_16241120.jpg
b0197639_16251280.jpg
この日は ホントに暑くって・・・
しかも朝ごはんをあまり食べずに出てしまったからか
いきなりウロウロと時間をロスしてしまったからか 
大した坂もないのに 足が重くて。。。何度も止まって休憩
b0197639_16284634.jpg
なんか あそこが遠かった・・
気分も悪くなりそうで この辺りで真剣に引き返そうかと思ったほど。
b0197639_16294370.jpg
でもそんなとき こんな木陰の緩やかな道がありがたくって
b0197639_16310350.jpg
花を見れば あぁ♪と思うキモチの余裕はまだあって、、、
b0197639_16335150.jpg
「会いたい花があったんでしょっ!」って。
b0197639_16351171.jpg
最初は剣ヶ峰?まで登ってみようかという勢いまであって家をでたのに、、
ワタシって やっぱ「暑さ」がネックだぁぁぁーーー なんて
ひとりでボヤキながら ゆっくりゆっくり歩いてたら 
意外と最後の堰堤がすぐそこだったっていう・・・・
b0197639_16394035.jpg
b0197639_16421061.jpg
雪も残ってた
b0197639_16424390.jpg
この辺りは まだ新芽がのぞいたばかりの木も多くて どこかちょっと秋っぽい風景
b0197639_16434141.jpg
はぁ❤ やっぱり素敵 この景色
ちょっと涸沢気分になれる大山カール
ココに来たら さっきまでの気分弱々なワタシはどこかに行ってました♪

… つづく …

***





by kimagure-fuua | 2018-06-08 16:53 | trekking | Comments(0)
<< 三の沢の出会い** おいしい2層♪ >>