<< 紅葉便り '15④**... 紅葉便り '15②**... >>
紅葉便り '15③**立烏帽子&池の段に魅せられて
b0197639_16125956.jpg

県民の森 屈指の紅葉名所 立烏帽子&池の段
この季節のこの場所は 多くの立烏帽子&池の段ファンで賑わいをみせる

空の青と山の赤が織り成す自然のコントラスト
言葉を発するのを忘れるほどの絶景が広がる




b0197639_16212992.jpg

山肌を赤く染める主役はホツツジ
b0197639_16222991.jpg

夏、花先をくるんとカールさせる愛らしいホツツジの花は
今はぷちっとした実になっている
b0197639_16224335.jpg

b0197639_16264196.jpg

比婆山からの道の最後の坂道を登りながら見た霞の大山
b0197639_16292916.jpg

人間がどう真似しても創りだすことのできない自然美が 
何時も私たちを魅了してやまないのですね
b0197639_16291044.jpg

紅葉を縫う登山道がこの季節はひと際くっきり
b0197639_16344313.jpg

毛無山にも人の影が見える
b0197639_16352611.jpg

山肌が崩れた跡が雪をかぶったように見える大山と目の前の絶景を堪能しながら
やっとランチ❤
b0197639_1637395.jpg

時間を見れば 1時前@@ お腹空いたねぇ~^^;
ご近所マダムも 「やっとお昼ご飯 たべさせてもらぇるぅ~^m^」って フフッ
b0197639_16392082.jpg

b0197639_16402686.jpg

池の段のススキは もうすっかり綿毛
b0197639_16454340.jpg

南の稜線方向の紅葉も素晴らしいの♪
b0197639_16461912.jpg

太陽の当たる角度やちょっと場所を移動するだけで いろんなイロを見せてくれる紅葉マジック
b0197639_16484351.jpg

b0197639_16491035.jpg

団体さんもいっぱい
b0197639_16501389.jpg

吾妻山の大膳原 吾妻山の紅葉も見頃だと言っていたけれど・・・ 
池の段側からだとあまり紅葉してるように見えないのかしら?
b0197639_1653747.jpg

マユミの木もピンクの実をつけてた
b0197639_16535380.jpg

かわぃぃねぇ マユミチャン❤ 誰が付けたかかわいいネーミング
b0197639_16543882.jpg

花が終わり 種をのぞかせるヤマラッキョウが寂しげにワタシを見上げる・・
b0197639_16553385.jpg

福田頭をバックに広がるススキの稜線もステキょね
b0197639_16561438.jpg

b0197639_16572731.jpg

南の稜線から池の段を振り返って見る
何処から見ても絵になる
b0197639_16583442.jpg

たくさんの人がやってきて 池の段も照れながらにこにこ笑ってるみたい
b0197639_1658474.jpg

「なんか 見てるときりがないネェ」と ご近所マダムと言いながら
そろそろいい時間なので・・・展望園地経由で下りることにする
b0197639_1659572.jpg

引き返してると コマユミや、
b0197639_1715723.jpg

まだまだキレイなリンドウが こっそり隠れてるのを発見♪
b0197639_1724560.jpg

b0197639_1733359.jpg

寒いからカナ、、蕾なのに枯れ始めてるリンドウもあった
b0197639_1751515.jpg

ススキの向こうの印象的な場面を 今年も見ることが出来てシアワセ
b0197639_1755633.jpg

b0197639_1771572.jpg

2015年の池の段ともお別れ ありがとう 池の段
また 来年もここに立てますように**
b0197639_1772689.jpg

立烏帽子には登らず 巻き道を経由して帰ります

・・ つづく ・・

----------------------------------------------------------------------

■: か ぜ の お と :■
***Last up date*October・7***

b0197639_14591889.jpgb0197639_21301597.jpgb0197639_1357458.jpgb0197639_14583093.jpgb0197639_2374254.jpg

中国
by kimagure-fuua | 2015-10-26 17:10 | trekking
<< 紅葉便り '15④**... 紅葉便り '15②**... >>