<< 若葉日和③**眩しすぎて 眩しすぎて 若葉日和①**in 男三瓶 >>
若葉日和②**山頂さんぽみち♪
b0197639_19113241.jpg

今まで登った山の中で こんなに広い頂上の山は 他に知らない
想像を膨らませれば ここは空に浮かぶラピュタになる
広々と広がる草原の中の小道を歩く 山頂さんぽ♪



b0197639_21452090.jpg

お弁当を食べてる人も 今登ってきた人も 今から下りる人も 
まるで そこら辺の公園を散歩してるような人も
どの人の表情も どこか満たされて見える
b0197639_2057174.jpg

初めてここに登って下りた瞬間からずっと またこの景色が見たいと思っていた
b0197639_2123869.jpg

ワタシよりも少し早めについたpapaチャンが何かしている・・と思ったら
「三瓶」ゆえ 懐かしの「三瓶(さんぺー)です♪」を やっていた^^
b0197639_212714100.jpg

山頂は 風が少し冷たく まだ薄茶けた冬枯れの草原
山頂が眩しく輝くのは もう少し先
b0197639_21334964.jpg

雲が走ってゆく 雲を追いかけながら 風のあとを追っていく
b0197639_21351349.jpg

三瓶ファミリーを見渡せる場所  
ぐるりどの山からも見下ろせる 三瓶の真ん中にあるステキな景観の室の内を見下ろす
b0197639_21464716.jpg

滑落事故があって 痩せ尾根を歩くのがちょっとコワイ女三瓶からのルート
b0197639_2154783.jpg

削られたようなむき出しの山肌が ちょっと恐怖感をそそる
b0197639_21565446.jpg

b0197639_21581654.jpg

ケンケンパをするpapaチン
b0197639_2210289.jpg

西の原からの道は 草原の中のさんぽみちを歩いてるようだ
とても山の上とは思えない穏やかなさんぽみち
b0197639_22113124.jpg

b0197639_22153269.jpg

むき出しの岩肌とのギャップが活火山の三瓶らしい
b0197639_22124235.jpg

まだまだ野花は乏しい・・
b0197639_222135100.jpg

雪の重みから やっと解放されたクマ笹は まだしっかり起きれないでいた
b0197639_11461690.jpg

夏になると ここが全部緑色に染まる
b0197639_22225643.jpg

b0197639_22232942.jpg

風が少し強く 避難小屋に次々と人が吸い込まれていっていた
b0197639_22243551.jpg

と、、斜面に人・・・? 登ってくるとき見かけた「パトロール」の人。
b0197639_2225062.jpg

私たちも小屋の影でランチにする♪
b0197639_22263098.jpg

吾妻山のときと ほぼ同じめにゅ~^^;
b0197639_22271110.jpg

なだらかなラインを眺めながらのおにぎりは格別だった
b0197639_22293250.jpg

b0197639_22294430.jpg

そして papaチャンは 「走って下りる」と言って 普通に歩いて75分のところを
30分で走って下りた@@

・・ つづく ・・

----------------------------------------------------------------------

■: か ぜ の お と :■
***Last up date*May・6***

b0197639_2146015.jpgb0197639_21365632.jpgb0197639_18523526.jpgb0197639_2124979.jpgb0197639_18581630.jpg


中国
by kimagure-fuua | 2014-05-11 22:31 | trekking | Comments(0)
<< 若葉日和③**眩しすぎて 眩しすぎて 若葉日和①**in 男三瓶 >>