<< グッバイ、ムラサキのキミ**1... 拝啓、ムラサキのキミ**in 深入山 >>
ハロー、ムラサキのキミ**風が呼ぶ
b0197639_22362550.jpg
瞬く星の元に キミは生まれ 
瞬く星の流れる夜に キミは地上に舞い降りたのか

何処にでもいるようで 何処にもはいないキミだから
今ここで キミに逢いたい

***




b0197639_22403003.jpg
「ごめん、ボクは もぅキミを包んであげることができない」
白骨となった木が 寂しそうにささやく
b0197639_22431195.jpg
強い風がススキの穂をたなびかせる

何時もなら 東側のこの階段ルート 
暑くてきつくて 何度も何度も立ち止まってしまうんだけど
この日は 強めの風がかえって涼しくって 非常に楽ちんで
珍しくサクサクと登れた
b0197639_23033277.jpg
登るさきざきにフシギボクチ^m^
b0197639_06051669.jpg
木の門番さんの辺り、ムラサキのキミ咲いてるカナ
b0197639_06062285.jpg
ヤマラッキョウもチラホラあるょ
b0197639_06065145.jpg
センブリ、いっぱい
b0197639_06072687.jpg
b0197639_06075188.jpg
ここは ホクチアザミも多いね
b0197639_06082810.jpg
ウメバチソウ
b0197639_06085253.jpg
蒼と緑の柔らかなグラデーション
b0197639_06095951.jpg
門番さんまで もう少し
そろそろ ムラサキのキミの姿が見えてもいいんだけど・・・
b0197639_06104321.jpg
Nice*View☆
b0197639_06112738.jpg
あっ
b0197639_06120636.jpg
Hello☆ムラサキのキミ
 今年も会えました、小さな貴婦人・ムラサキセンブリ

一般的なセンブリよりも背が高く 花も大きい
東ルートから登ると 分岐手前から姿を見せてくれるんだけど
今年は少ないのかナァ? もしくは 今年は山焼きをされなかったから
草が伸び放題で あっても草に隠れて見えないのかも?って 
お話しをしたオジサマがおっしゃってた
b0197639_19174061.jpg
b0197639_19184066.jpg
b0197639_19193049.jpg
頂上直下付近は 一面ススキ野原になる深入山
b0197639_19203090.jpg
秋らしさを堪能できる絵になる風景です
b0197639_19233195.jpg
b0197639_19242016.jpg
こちらのムラサキチャンも まだ咲いてるょ
b0197639_19255518.jpg
この最後の急坂 結構しんどくって 分岐から見上げると はぁ、、ってため息がでるけど
空に続く道みたいで好きなのです♪
b0197639_19302073.jpg
しんどい急坂 されど花の道
b0197639_19305496.jpg
私の背丈よりも低いどんぐり
b0197639_19315314.jpg
センブリだらけ!
b0197639_19331138.jpg
b0197639_19343005.jpg
リンドウもね
b0197639_19352683.jpg
涼しい風の後押しが良かったみたいで いつもは 這う這うの体な坂も
さっささっさと登れたの❤
(やっぱ ワタシのネックは暑さなのょーー)
b0197639_19381501.jpg
頂上からの 羽根を羽ばたかせる聖湖
b0197639_19393080.jpg
恐羅漢スキー場をバックになびくススキ&ひょうひょうと立つボクチ
b0197639_19410391.jpg
b0197639_19444698.jpg
霞んでなければ 草原容の雲月山が 遠景ながら存在感を現しているのに
残念ながら どれがどれやらわからず・・・
b0197639_19502079.jpg
ぐるりと360度の景色を見渡して 早々と山頂を後にした

… つづく …

***

by kimagure-fuua | 2017-10-15 19:53 | trekking
<< グッバイ、ムラサキのキミ**1... 拝啓、ムラサキのキミ**in 深入山 >>