<< 勇気を出して③**たったひとり... 勇気を出して①**男三瓶の山頂を踏む >>
勇気を出して②**天空さんぽ
b0197639_13214441.jpg
頑張って登ってきてよかったぁーー❤
って風景に出会える男三瓶山頂

想像膨らませば 天空の草原

***




b0197639_16315609.jpg
空が開け 頂上から一段下一帯に広がるススキ野原が
目に飛び込んでくる
b0197639_16351985.jpg
立ち上がったススキが手招きする
頂上は もぅそこ
b0197639_16362970.jpg
開けたと思ったら 一気にそこは イヨフウロのお花畑
草の茂る茂みの中には 可愛いピンクが あっち向き こっち向きしている
b0197639_16415909.jpg
大ぶりなコ 小ぶりなコ 濃いコ 薄いコ すでに散ったコ・・
b0197639_16432057.jpg
丸太の階段には ホソバノヤマハハコが陣取っている
b0197639_16442972.jpg
b0197639_16464934.jpg
360度の大パノラマ 男三瓶山頂
また ココに来れたょぉーーー♪♪♪
b0197639_16485581.jpg
b0197639_16504915.jpg
霞んだ日本海と島根半島
b0197639_16531211.jpg
b0197639_16501994.jpg
空で 雲が遊ぶ
b0197639_16545854.jpg
頂上ススキ野原大地
b0197639_16481026.jpg
あぁ なにもかもが懐かしい
時の流れは 時々寂しくもあるけれど 
流れてゆくことに助けられることもあるなぁ と
ココロから思った
b0197639_16570341.jpg
マツムシソウも いつも以上に優しく見えた
b0197639_16573543.jpg
優しいマツムシソウの前のベンチでおにぎりとから揚げくんを頬張った
b0197639_17002615.jpg
久し振りに山ネル❤
この日のコーヒーは格別だった
b0197639_17030223.jpg
b0197639_17031568.jpg
遠く先に 春に登った大江高山と火山群
まだまだ若いススキが 静かに風にそよぐ
嫌でも思い出す苦い経験を 何も言わず そっと包んでくれた
b0197639_17052390.jpg
この先は また次の課題
b0197639_17054480.jpg
今日は ここまでで胸がいっぱいだ
b0197639_17062196.jpg
横長の頂上を散策
b0197639_17070273.jpg
ススキ すすき 薄
b0197639_17074364.jpg
ススキの中のコオニユリ
b0197639_17080827.jpg
b0197639_17082044.jpg
花からススキへ
b0197639_17084660.jpg
まさにイヨフウロの時季
どこの草の茂みにもイヨフウロが咲き乱れている
b0197639_17100613.jpg
展望から三瓶ファミリーを感慨深く眺めた
b0197639_17103337.jpg
b0197639_17104784.jpg
お気に入りの室の内
この角度からは なんの変哲もない池に見えるけれど
女三瓶からの登山道からは 角度によって「❤」に見える室の内の池
b0197639_17142569.jpg
女三瓶のアンテナ塔
風情があるとは 到底言えないけど女三瓶の顔だ
b0197639_17155914.jpg
山小屋の背後には 大山が見えるはずだけど、、、
この日は霞んで見えず (最近山頂からの大山にはフラれっ放し!)
b0197639_17164637.jpg
b0197639_17211926.jpg
山小屋への道も お花でいっぱいだ
b0197639_17253308.jpg
b0197639_17221099.jpg
b0197639_17222894.jpg
白いイヨフウロ
b0197639_17231384.jpg
ココはシシウドも多い
b0197639_17240074.jpg
ひと際濃い色だったイヨフウロ
b0197639_17243899.jpg
b0197639_17255748.jpg
山小屋側からの山頂風景もステキなのです
b0197639_17263454.jpg
下山は 名号コースを選んだんだけど・・・・
これが とんでもなく心細い時間となったのでした(TT)

… つづく …

***

by kimagure-fuua | 2017-09-20 17:28 | trekking | Comments(0)
<< 勇気を出して③**たったひとり... 勇気を出して①**男三瓶の山頂を踏む >>