<< 大山カール②**大山の魅力を少... 山帰りの…②**旅館カフェAgain >>
大山カール①**in 大山・三の沢へ
b0197639_22462319.jpg
去年、湊かなえさん原作のドラマ『山女日記』を とても楽しみに見ていた
ドラマに登場した 上高地~涸沢カールに魅了された

その頃 鳥取・大山に その涸沢に似た場所があることを知った
上高地はちょっと日帰りではいけないケド、大山なら片道2時間半あれば行ける!
しかもそこは ダイセンクワガタやイワカガミ ツガザクラ サンカヨウまで咲き乱れるという
かなり贅沢な場所のようで 調べれば調べるほど行きたくなった

で、先週4日、行ってきました




*大山・三の沢*
b0197639_22554081.jpg
山歩きシーズン2017年がスタートしてから 週末お天気に恵まれることが多く
この日も もれなく登山日和
雪渓の残る大山は 暑くも寒くもなく 歩いても歩いても心地いいばかり♪
b0197639_22582681.jpg
駐車場のある三の沢・文殊堂に着いた時には すでに満車で路肩に止めている車も多く
少し離れた車寄せに運よく1台分空いていたので止めることができた
b0197639_23011658.jpg
幾つもある堰堤の入り口が登山口になる
真新しい緑の間から見える大山の南壁がかっこよく鎮座している
ココからの 槍が峰~天狗が峰~剣が峰への登山が人気のようだ
b0197639_23071830.jpg
今日会える花はなんだろう❤ って期待しながら ジシバリを横目に歩きはじめる
b0197639_23083877.jpg
ツリバナや(マユミ?コマユミ?カナ)クルマバソウがよく咲いている
b0197639_23091634.jpg
b0197639_23093652.jpg
徐々に崩れゆく山・大山
私たちは とりあえず あの雪渓の下の大堰堤「大山カール」を目指す
b0197639_23120710.jpg
少しづつカタチをかえている大山
多くの人を魅了してやまない大山 確かにカッコイイ
雄大な彫刻を見ているようだ
ん?・・・・よぉーく見ると・・・
b0197639_23133024.jpg
てっぺんに人がいるようにも見えるけれど・・・
b0197639_23142050.jpg
左から右へ 右から左へジグザグと渡りながら いくつかの堰堤を越えていく
初めて歩くルートで 心強い先導者サンにも出会った
b0197639_23172971.jpg
木陰の道は なかなか心地のいいステキな道である
去年、夏山道を登った時 やっぱり噂通りキッツいわぁ~(TT)って思ったけど
ここは あっちと同じ山とは思えないくらい快適である
b0197639_13565681.jpg
少しづつ南壁が近づいてくる
b0197639_13554574.jpg
b0197639_13575512.jpg
今年の大山は雪が多く 今もまだ春の花がイキイキと咲いている
b0197639_13580819.jpg
b0197639_13574428.jpg
b0197639_14014998.jpg
タニウズキもチラホラ
タニウズキ越しの大山も絵になる風景
b0197639_14025240.jpg
最後の大堰堤手前 ダイナミックな山容が目の前に現れる
b0197639_14070257.jpg
テントを張ってる人も? 涸沢っぽい!
b0197639_14045842.jpg
ハダサオかな?
b0197639_14085890.jpg
最後の堰堤へ登るところが ちょっとロープもあって登りずらいかも、って聞いてて
その手前で 可憐にたった1輪咲いてたダイセンキスミレ
b0197639_14104673.jpg
ココデスネ、ロープ、、、
この先が 少しコンクリートの滑りやすい坂で 確かにロープがないとキツかった^^;
b0197639_14122092.jpg
ロープを超えると ゆるやかに視界が開けてきて
お楽しみの風景が目の前に現れたのです♪

と、現れる前に ふと 横を見ると・・・
b0197639_14152923.jpg
これは まさかのアノ花の大群!

… つづく …


***

by kimagure-fuua | 2017-06-12 23:18 | trekking | Comments(0)
<< 大山カール②**大山の魅力を少... 山帰りの…②**旅館カフェAgain >>